しゃく薬

 

四国最大級しゃく薬園  [総 数] 30,000本  [見 頃] 5月初旬~下旬

『立てばしやく薬、座ればボタン、歩く姿は百合の花』と、美人の形容として使われるしゃく薬…..5月の中旬頃に見ごろを迎えます。マイントピア別子には、中・四国屈指のしゃく薬園があり、約30000本の大輪のしゃく薬が咲きほこります。特に珍しいとされる黄色のオリエンタルゴールド・オレンジ色のコーラル種・一重の白花クリンクレットホワイトなどが人気です。

しゃく薬まつりでは、泉寿亭でのお茶会も催します。

カノコユリ

[総 数] 5000株  [見 頃] 8月中旬

 

百合の仲間では最も美しいとされる品種です。花言葉は荘厳、慈悲深さ…言葉通り、可憐な中にも重みを感じさせられます。
江戸時代、シーボルトによってヨーロッパに球根が初めて持ち込まれました。この美しさに、ヨーロッパの人々の間では一大センセーションを巻き起こしました。
マイントピア別子では、花の散歩道「花園」にて2200株のカノコユリをご鑑賞いただけます。

冬 桜

[総 数] 200本  [見 頃] 11月下旬~1月下旬

マイントピア別子には200本に余る冬桜があり、11月~1月にかけて、可憐で清楚な花を咲かせます。新日本百景の一つに数えられる別子ラインの紅葉を楽しみながら…また、木枯し吹く寒風の中でのお花見…と、平素経験できない珍しいお花見を体験下さい。





 

営業再開のお知らせおよび新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対応について

(2020年6月19日/更新)

 

【臨時休業期間】

2020年4月18日(土)~5月10日(日)まで臨時休業

 

【営業再開日】

2020年5月11日(月)より営業再開

 

 

2020年4月18日(土)より、マイントピア別子の全館を臨時休館させていただいておりましたが、2020年5月11日(月)より、全館の営業を再開させていただきます。営業再開にあたって、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、当面の間は以下のように対応をさせていただきますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

1.下記の条件を徹底したうえでご利用ください。

 

 (1)密閉空間・密集場所・密接場面(3つの密)を回避すること。

 

 (2)体調不良の方は、入館しないこと。

 

 (3)マスクの励行等、咳(せき)エチケット、手指消毒などの基本的な感染症予防対策を徹底すること。

 

2.来館者が多数となる場合は、入館を制限することがあります。

 

これらの条件をお守りいただけない場合はご利用をお断りする場合がございますのでご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、今後の状況によって、対応を変更する可能性がありますので、ご了承ください。