▲2019年3月にリニューアルされた鉱山観光列車。


今回のリニューアルに際し、カゴ車・人車・電気機関車も連結され、よりリアルに鉱山鉄道を再現しました。鉱山観光列車を楽しみながら、江戸期・明治から昭和期の別子銅山へと旅立ってください。





【重要】「東平ゾーン(東洋のマチュピチュ)」に至る市道「河又~東平線」通行止めのお知らせ(2023年3月末復旧予定)【詳細URL】
+