バスツアーのご案内です

皆様のお問合せ・ご予約お待ちしております


■ツアー詳細

【行程】10:15マイントピア別子発-住友山田社宅日暮別邸記念館旧端出場水力発電所-12:50マイントピア別子解散

【料金】お一人様2,000円、小人同額、3歳未満無料

【最少催行人員】5名様~

【参加方法】各出発日の前日15:00迄お電話またはチケット窓口(本館1階)で受付中

 

■各施設について(新居浜市HPより抜粋しております。詳細は施設名をクリックしてください)

【住友山田社宅

昭和初期に住友企業の幹部社宅として順次整備され最盛期には最大295戸あった住友山田社宅群は「住友グループの昭和の近代化の象徴」と言えます。

 

【日暮別邸記念館】

日暮別邸は、新居浜から瀬戸内海の沖合20キロメートルに位置する四阪島に、銅製錬を開始した翌年の明治39年(1906年)

当時の住友家第15代当主 住友吉左衞門友純(ともいと)の命により住友家の別邸として建築されました。

お客様のおもてなし等のために使われた木造2階建ての建築物であり

その名前は四阪島製錬所の設計を行った技師が、日が暮れるまでそこで構想を練っていたことに由来します。

 

【旧端出場水力発電所】

旧端出場水力発電所は、明治後期の増大する電力需要に対応するために、明治45年(1912年)に竣工しました。

別子銅山の近代化を推進した大規模発電所で、出力は当時の国内で最大級の3,000kWでした。

その後、発電機の増設等により最大で4,800kWの発電を行いましたが、昭和45年(1970年)には、発電所としての役割を終え、59年の歴史に幕を下ろしました。

 

■受付

マイントピア別子

0897-43-1801

(営業時間9:00~17:00)