tounaru-1

標高750mの山中にある東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれ、社宅・小学校・劇場・接待館が建てられるなど、昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていました。

 

東平マップ

東平バナー

 

下の写真はクリックで拡大します。

 東平貯鉱庫跡

 東平貯鉱庫跡

東平地域を代表する産業遺産のひとつに、重厚な花崗岩造りの貯鉱庫があります。関連施設である東平選鉱場や東平と黒石を結ぶ東黒索道が、明治38年(1905)に完成していることから、この貯鉱庫は、これらとほぼ同時期に建設されたと思われます。

この貯鉱庫は、第三通洞経由で運ばれてきた鉱石と、新太平坑(しんたいへいこう)と東平を結ぶ太東索道から運ばれてきた鉱石を、一時的に貯蔵するものでした。

 東平索道停車場跡

 東平索道停車場

東平索道停車場は、鉱山施設が集中していた東平集落の下部にあり、東平と端出場(黒石)を結ぶ主要輸送機関でした。

鉱石運搬はもちろん、日用生活品や郵便物、新聞もこの索道で輸送されていました。鉱石は、隣接する貯鉱庫から搬器に移され、端出場へと運ばれていました。
現在、赤レンガ造りの東平索道停車場の遺構があります。

 

 

貯鉱庫跡/索道停車場跡アルバム

索道1    索道2    索道3

索道4    索道5    索道6

 旧保安本部

 旧保安本部現在、東平記念館のマイン工房として利用されている赤レンガ造りの建屋は、明治期は配電所、大正期は林業課事務所、その後は保安本部として活用されていました。

 建設時期は、落し水力発電所、東平第三変電所が明治37年(1904)の完成であることから、それらと同時期ではないかと思われます。
マイン工房(旧保安本部建屋)から現在の駐車場へと続くコンクリート造りのL字型階段が残されていますが、この下には、第三通洞、日浦通洞を走っていた電車のホームがありました。

 

 旧インクライン

 インクライン

 

端出場(はでば)から索道で東平へと運ばれてきた物資は、インクライン(傾斜面を走る軌道)を通じて荷揚げされていました。
現在、インクラインはマイントピア別子東平ゾーンの園内遊歩道の一部、220段の長大階段に生まれ代わっています。

 

 

小マンプ

 小マンプ

東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルがあります。東平集落にある短いトンネルを小マンプと呼んでいました。

マンプとは坑道を意味する間符から転じたものとされています。
現在、小マンプの中は、東平にゆかりのある鉱山運搬機器展示場となっています。

 

 

第三通洞

 3通

第三通洞は、標高747mの8番坑道準の東平坑口から東延斜坑底を結ぶ延長1,795m、幅3.35m、高さ3.73mの主要運搬坑道で、明治35年(1902)に貫通しています。明治44年(1911)には、同年貫通した日浦通洞と連絡し、端出場水力発電所への導水路も併設されていました。

明治38年(1905)には電車が導入され、昭和13年(1938)からは東平と日浦を結ぶ「かご電車」(1両当たり最大8人乗り)が運転を開始し、一般利用にも提供されていました。

 

 旧火薬庫口

 火薬庫

第三の地形の片隅に、アーチ型の旧火薬庫の入口が斜めに見えます。不測の事態が発生しても、爆風が人や施設に影響を与えないように考慮されていたのでしょう。この火薬庫は、明治45年(1912)に探鉱を目的に開削された坑道を活用したもので、坑道掘削用のダイナマイトなどを保管していました。この火薬庫の通風口は寛永谷にありました。

 

 

 大マンプ

 大マンプ

 

 東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルの内長い方のトンネル、大マンプです。

マンプとは坑道を意味する間符から転じたものとされています。

 

 

 

 旧東平第三変電所

 変電所

明治37年(1904(に完成した赤レンガ造りの第三変電所は、落し水力発電所から送電されてきた電力の電圧調整と明治38年(1905)に第三通洞に電車が導入されたことに伴い、その電車用に直流変換するために設置されたものとされています。現在、かつて採鉱本部が嶺北側に初めて置かれた第三の地形のやや上段に、赤レンガ造りの旧第三変電所の建屋が残されていますが、建屋の中は、変電所であった面影はほとんどありません。

 

 

東平歴史資料館

 資料館    資料館2    資料館4

 鉱山の町として賑わった東平の往時の生活文化や銅及び別子銅山等を紹介しています。

開館時間 午前10時~午後5時
休館日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)

12月1日から翌年の2月末日まで

入場料 無料
所在地

愛媛県新居浜市立川町654-3
TEL:0897-36-1300

 

東平マイン工房

 マイン1    マイン2    マイン3

銅版レリーフなどを遊びごころで体験し、手づくりの楽しさを味わうことができます。

開館時間 午前10時~午後5時
休館日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)

12月1日から翌年の2月末日まで

体験料金

525円

必要時間

約1時間~3時間

 

 

アクセス

 東洋のマチュピチュ観光バス

東平マップ

 


大きな地図で見る

 

 



HOME
遊学 鉱山観光 砂金採り あかがねの里 健康 別子温泉~天空の湯~ あかがねキッズパーク グラウンドゴルフお食事レストランもりの風バーべキュー仲持茶屋シェラトン産業遺産東洋のマチュピチュ観光バス園地内産業遺産花三大花祭り花園花便り別子翠花街道その他 御利用料金 ボランティアガイド マップ クーポン リンク集 お問合せQR
Copyright:(C) Maintopia-Besshi Co., Ltd. All Rights Reserved